どうして後藤よしのりに傾倒したかを書きます

ゾムルズが後藤よしのりに傾倒した理由などをちょっぴり。
そういえばココログの奇妙な改行は、編集画面の表示設定がいたずらしていたようです。余談ですが。

後藤よしのりに限ったことではないですが恋愛論などにろくなものはないのが定番。
なのですけど、最近感じるのは先入観で決め付けると、現状打破ができにくいということ。
それとね、数回目に読んだら意外に響いたということ。
楽曲なんかでありませんか?たとえるならば少女時代にまったく響かず、おばさんになり響くこと。
どうでもいい楽曲だったはずが超名曲に昇格しちゃうとかlovely

なので、まずは先入観の排除をおすすめいたしますゾムルズです。
後藤よしのりもそのようなことを発言していますよ。
そりゃそうざんす。先入観を排除し始めなければ、当然のごとく何も始まりませんね。

この方は最高峰の変わり者でして、波乱万丈というキーワードがぴったり当てはまります。
そこでは荒くれ者なども含めた十人十色な皆さんと関わりつつ、痛い目にも遭い、恋愛論などを確率されたのだと思うのです。
つまり、ちょっぴり恋愛経験豊富!どころではないツワモノなのですよ後藤よしのりは。
傾倒するのも当然でしょう。

とにかく恋愛論などにろくなものはない~という決め付けはやめましょう。
ゾムルズもこの点は反省しきりです。
とりあえず何もかもがらっと変えたいゾムルズでした!

「後藤よしのり」が語られる恋愛論などを掘り下げてみるココログです

お初ですが、ゾムルズという者でござんす。

「後藤よしのり」が語られる恋愛論に興味津々ゆえゾムルズなりに掘り下げてみる試み。

なんとなくココログを選択しましたがかゆいところに手が届く印象。

しかしながらこの奇妙な改行はようわからんが。

とりあえず始めますゆえお見知りおきくだされ~~~gemini